« POSについて、あなたが知らないことがある。 | トップページ | 一口で魂が震える、塩味と香ばしさのチーズオムレツ »

2022年5月24日 (火)

赤ちゃんに上手に服を着せるには? その正体を小児科医が教えます

4_20220524170101

A. 赤ちゃんが一人で十分な量の服を着られるかどうかの基準

赤ちゃんの服が適切かどうかの判断基準はシンプルです。 親が手で赤ちゃんの首や背中を触ることができますboys clothes

-この2カ所が暖かく、乾燥していれば、赤ちゃんの服はちょうどいい感じになります。

- 寒くても暑くても、触ってみて濡れていると感じたら、それはたいてい赤ちゃんが暑くて汗をかいているからなので、汗を拭き取り、衣服を減らしてあげることが必要です。

- 寒さや乾燥を感じたら、衣服が足りなくなる可能性があるので、速やかに追加することが必要です。

生徒の親御さんの中には、首の後ろを触るのは正確なのか、とおっしゃる方もいらっしゃるでしょう。 赤ちゃん自身の手足は、触ると冷たく感じます。

赤ちゃんの手や足は正常なので、親御さんは心配する必要はありません。 赤ちゃんの身体機能は未熟で、手足は心臓から離れた末端に属し、血液循環が弱いため、手足が冷たくなるのであって、赤ちゃんが冷たいと感じているわけではありません。 したがって、手足が冷たいかどうかを判断することは、乳児の体温を判断する基準にはならない。

赤ちゃんに上手に服を着せるには? その正体を小児科医が教えます

2.余分な服が赤ちゃんに与える影響

赤ちゃんの手足が熱かったり、首や背中が熱かったりする場合は、実は赤ちゃんが熱く感じすぎているのです。 また、赤ちゃんが暑いと感じると、どのような悪影響があるのでしょうか。

1.体調がすぐれない。

想像してみてください。私たちは、大量の汗をかきながら、換気もせず、自分の体がいかに不快であるか、暑さを感じることができるのです。

かゆみやヒリヒリ感など、体全体が不快になるのです。

自己表現ができない赤ちゃんは、もじもじしたり泣いたりして抗議し、それがまたカロリーを出して悪循環に陥ることもあります。赤ちゃんが不快に感じるだけでなく、親も何となく泣いているように感じるかもしれません。

2.長いあせもや湿疹

汗は赤ちゃんのデリケートな肌に長時間付着するため、赤ちゃんの肌環境の健康に影響を与え、チクチク感や湿疹などの肌トラブルを引き起こしやすくなります。

3.熱性症候群

服を着せすぎたり、毛布をかけすぎたり、赤ちゃんを高温にさらすと、高熱、過度の発汗、脱水、酸素不足、けいれん、昏睡、脳障害、臓器不全、さらには死亡の原因になることもあるのです。 これは、赤ちゃんの体温調節機能が未熟で、発汗や放熱機能が弱く、自己表現力や自己防衛力が比較的弱いためで、着せすぎに注意しましょう。

だから、「風邪のときはたくさん着ても大丈夫」なんて言わせない、着過ぎると中国の赤ちゃんは病気になるんだから。

赤ちゃんに上手に服を着せるには? その内容を小児科医がお伝えします。

三、ベビー服は原理を増やすか減らすか

一般的に、赤ちゃんの着替えの基準は、親の着替えの量を指すことがあります。赤ちゃんの月齢や首の後ろの温度、環境適応能力に応じて、衣服の量を適切に減らしていきます。

1.新生児や未熟児の保温のために、長袖を追加する。

図2.洋服は少しずつ足したり引いたりするのが原則です。 ダーリンの服を脱ぎすぎず、一度にたくさん足さないこと。 よく「春は秋に凍る」と言いますが、これはその過程が緩やかで、あまり急がないという意味です。

子供の幸福度を上げるなら、空腹と寒さの3点」という民間の言い伝えがあるが、まさに科学的な展開である。 祖母、自分の服に赤ちゃんの適切な量、赤ちゃんの会社は、より快適で健康的な成長になるので、ママなしでお父さんはおじいちゃんです。

相關文章:

真的能給新生兒穿衣服嗎?新生兒穿衣,媽媽注意這5點。

孩子還穿什么小,怎么穿都沒關系?這真的是真的嗎?

お子さんに何を着せたらいいかわかりますか? 

 

« POSについて、あなたが知らないことがある。 | トップページ | 一口で魂が震える、塩味と香ばしさのチーズオムレツ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« POSについて、あなたが知らないことがある。 | トップページ | 一口で魂が震える、塩味と香ばしさのチーズオムレツ »