« カリグラフィー初心者は、まず何を学ぶのですか? ここでは、方向性を示しています | トップページ | 中国本土の人が香港に行く場合、どのようなビザが必要ですか? Dビザの申請方法を教えてください。 »

2022年5月17日 (火)

短期間でオーストラリア法人を設立する方法

4_20220517115701

最近、経済的な交流や発展が頻繁になっていることはよく知られています。 中国では、海外市場を視野に入れる企業が増えています。 南半球で最も先進的な国であるオーストラリアの国内総生産は澳洲開公司、過去30年間にわたり着実に成長を続けています。 そのため、多くの海外企業がオーストラリアに会社を登録し、貿易の機会を求めています。

短期間でオーストラリア法人を設立する方法

中国企業がオーストラリアで海外貿易を展開するための最も簡単でわかりやすい方法は、オーストラリアで会社を登記することです。 では、オーストラリアの会社はどのように登記すればよいのでしょうか。

会社登記には前提条件があり、オーストラリア法人も例外ではありません。オーストラリアで登記された会社を登録するためには、まず、信頼できる情報を提供する準備が必要です。会社名、登録申請者に関する情報、株主・役員IDカードまたはパスポート、会社住所、コピー(公証書類)、連絡先電話番号などです。

必要な書類に加えて、人材の確保も重要です。 取締役1名以上、株主1名以上が必要です(個人情報は公証が必要です)。 また、授権資本要件に応じた適切な割合の株式を提供し、事業内容やプロジェクトについて情報を提供する。

書類の準備は、海外法人登記の第一歩です。 第二段階は、提出・応募です。 登記申請の成功率は、一般的に書類の準備に連動しています。 ですから、登録前に情報を準備しておくことが重要です。

中国でのオーストラリア法人登記の一般的な方法手順について。

1.詳細な問い合わせをしてから、問い合わせのための会社名を送信する。

2. 照会が正しく行われた後、関連する情報および資料を関連する機関または部門に提出する。

4.公務員は、情報を入手し、監査処理を開始する。

5.会社の登記情報を取得する。

我々は言う企業の通常の開発によると、提供するためにオーストラリアの会社を登録するために必要な時間は、1ヶ月以内に一般的に実施されています。 登録証明書を通じて会社を受け取り、通常の作業を開始した後、年次監査だけでなく、税務申告のための時間内に会社を準備する必要があります。 関連規則に従って、オーストラリアの法人税の申告期限は10月31日ですが、2年目の3月31日まで延長することも可能です。

年次監査は、毎年の申告、8月31日までに会社の年次監査を完了するために必要な具体的な時間、8月31日、10月31日、前事業年度の税務申告書を提出する必要性です。 審査の主な内容は、行為記録、営業許可期間、事業所の状況、情報の変更などです。

市場志向の中小企業が増える中、オンサイトの会社を作りやすくなっています。しかし、これには多くの疑問も残ります。特に、税制、市場環境、人倫法に関して。会社を登記すべきかどうかを検討する際には、十分な理解が必要である。

相關文章:

為什麼那麼多老板選擇海外注冊公司?事實證明有這些好處

如何注冊澳洲公司,需要哪些准備?

オーストラリアで会社を設立するにはどうしたらいいですか?

 

« カリグラフィー初心者は、まず何を学ぶのですか? ここでは、方向性を示しています | トップページ | 中国本土の人が香港に行く場合、どのようなビザが必要ですか? Dビザの申請方法を教えてください。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カリグラフィー初心者は、まず何を学ぶのですか? ここでは、方向性を示しています | トップページ | 中国本土の人が香港に行く場合、どのようなビザが必要ですか? Dビザの申請方法を教えてください。 »